『レビュー』『iPad proとiPad Air4 の違いを徹底分析』iPad Air 第4世代(2020)を分かりやすく紹介

ガジェット

今回は、2020年の10月下旬に発売された『iPad Air 第4世代』についてレビューします!

どんな人にiPad はオススメなのか?

・ノートPCは持っているが、持ち運ぶのに重たい

・動画や映画を気軽に見たい

・勉強に活用して生産効率を上げたい

・大学生で教科書を持ち運ぶのが、辛いので電子書籍化にしたい

・手軽にデザインや絵を描きたい

外観とデザイン

iPad Air4の特徴として、カラーバリエーションが豊富!

シルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色が販売されています。

今回筆者は、「iPad Air (第4世代)」 のWi-Fiモデル。カラーは 「スカイブルー」 を購入しました。

スカイブルーというのは鮮やかな青、淡青色のような色でとてもクールなカラーでした。

そして、iPad air シリーズ初となるオールスクリーンのデザイン。

iPad Air (第4世代)」 の最大の特徴とも言える電源ボタン内蔵型の 「Touch ID」が搭載。

また、Face IDとTouch IDのどちらが良いかというのは好みの問題になると考えています。

筆者は、外出先で使う場合が多く、近年はマスク着用することが多いのでTouch IDは、とても使いやすいと感じました。

大きさ比較

左が11インチのiPad pro 右が10.9インチのiPad Air 4

iPad Air 第4世代12.9インチ iPad Pro 11インチ iPad Pro 
高さ247.6mm280.6mm247.6mm
横幅178.5mm214.9mm178.5mm
厚さ6.1mm5.9mm5.9mm
重さ458g(460g)641g(643g)471g(473g)

iPad Air 第4世代11インチ iPad Pro とは重さに関して違いはあまり無いようです。

しかし、当然であるが12.9インチとは、重さには大きな違いがあります。

次に、1番迷うであろうiPad Air 第4世代11インチ iPad Pro の違いについて説明します。

iPad Air4とiPad Pro 11インチの違い

価格ディスプレイチップストレージカメラバッテリースピーカー生体認証対応Apple Pencil
iPad Air 第4世代62,800円~10.9インチのLiquid RetinaディスプレイA1464GB,256GB12MP広角ビデオ再生:最大10時間2つTouch IDApple Pencil(第2世代)
iPad Pro 11インチ84,800円〜11インチのLiquid Retinaディスプレイ&ProMotionテクノロジーA12Z128GB,256GB,512GB,1TB12MP広角+10MP超広角ビデオ再生:最大10時間4つFace IDApple Pencil(第2世代)

筆者がiPad air4 を選んだ理由

ProMotionテクノロジー

『ProMotionテクノロジー』とは、ゲームやApple Pencilなどの操作をより滑らかにすることが可能になる。

個人的には、デザインやFPSゲームに力を入れている人であれば、iPad Proの方をお薦めしたいと思います。

筆者は、読書や動画を見たり、勉強の資料をPDF化して読んだり、ブログを書くことが目的であったので、iPad Air4を選択しました。

チップの違い

A14チップは最新プロセッサといえど、A12Zチップにはベンチマークで敵いません。

このチップというのは、処理速度の問題であり、動画編集などを本格的に行いたい方には、iPad Proの方をお薦めしたいと思います。

筆者は、本格的な動画編集をしないのでA14チップで十分でした。

スピーカーの違い

iPad Proにくらべてスピーカーの数が2つと少ないので、音の厚みや低音の聞こえ方が変わってくる部分はあります。

しかし、筆者は、基本的にイヤホンで動画を見るのでスピーカーの違いは気になリませんでした。

また、このような点が気にならない方は、価格の安いiPad Air4を選ぶべきと考えています。

iPad Air4の気になった点

・リフレッシュレートが60Hzであり、120HzのProを利用したことある方には、少し遅く感じるかもしれません。

・Face IDよりもTouch IDの方が一瞬だがラグがあります。

・128GBのストレージが販売されていない。

・イヤホンジャックがないため、Bluetooth イヤホンやType-C 端子のイヤホンが必要になります。

筆者のiPad Air4の おすすめな点

カラーバリエーションが多い!とにかく、色がカッコイイです!

Apple Pencil(第2世代)が使える。2世代には機能面でも新たに「ジェスチャー機能」というのが追加され、ペンを握る部分をダブルタップすることでツールの切り替えが可能になりました。また、Apple Pencil の2世代はiPad の側面に磁石でピッタリくっつき、充電することができます。これで、無くす心配もありません!

充電端子がUSB Type-C になったため、高速なデータ転送が行えます。また、Lightning ケーブルと同様、上下の区別がありません。※まだ新しいUSBなため、対応機器が少ないです。

まとめ

総合的にiPad Air4は、コストパフォーマンスが高いです。スペックの高さやデザイン性からして、値段は破格と考えて良いと思います。iPadを上手に活用し、日々のQOLを高めましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました